コンテンツマーケティングSEOとGoogle手動ペナルティ

marketing現在Googleの検索エンジン上位表示を意識してコンテンツを作成する際

「良質なコンテンツ」というキーワードに頭を悩ませているユーザーも

少なくはないと思います。



そこでコンテンツマーケティングに着目してみましょう。



内容の薄いアフィリエイトページが手動ペナルティを受ける理由

価値のない質の低いコンテンツはペナルティの対象となります。

そこでこちらを見ていただきたい。

Google手動による対策

大きな画像のすぐ下に書いてあります。

google

 

内容の薄いアフィリエイトページという部分に注目してみしょう。



「内容の薄いページはペナルティ」は理解できていると思いますが

ここには「アフィリエイトページ」と明記されています。



また、以下の内容は品質に関するガイドラインの引用です。

Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)では、ユーザーに付加価値を提供する独自のコンテンツを持つウェブサイトを作成するようアドバイスしています。

特に、アフィリエイト プログラムに参加するサイトにとって、これは重要なポイントです。

一般的に、アフィリエイトのウェブサイトでは、同じアフィリエイト ネットワークに参加する他の多くのサイトにも掲載されている商品説明を掲載しています。

その結果、アフィリエイト ネットワークのコンテンツを中心に扱っているサイトは、他のサイトのコンテンツと差別化できる程度に十分な独自性のあるコンテンツを持たないため、Google 検索結果でのランキングが低くなることがあります



トレンドアフィリエイトサイトが軒並みペナルティを受けている真相は

ここにあると思います。



さらにこのような記述もあります。

商品アフィリエイト リンクを含むページで、商品の説明とレビューを元の販売者から直接コピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなくそのまま掲載しているもの。

と明記されています。



これは完全にアウトです。

しかし逆に独自の付加価値を提供できればそのコンテンツは

独自性のあるコンテンツになることができます。



この点に着目し適切な対応ができれば

トレンドアフィリエイトを行っているアフィリエイターさんには

ピンチをチャンスに変える事ができるのではないでしょうか。



さらに読み進めていきますと下記のように掲載されています。

品質に関するガイドラインの引用です


アフィリエイト プログラムに参加しているサイトが必ずしもすべて内容の薄いアフィリエイト サイトであるわけではありません

たとえば、独自の商品レビュー、評価、商品比較などを行って付加価値を提供している良質なアフィリエイト サイトもあります。

アフィリエイト プログラムに参加しているサイトを差別化してランキングを高めるために次のような方法が役立ちます。

  • サイトのごく一部にのみアフィリエイト プログラムのコンテンツを掲載する。
  • ユーザーが元の販売者のサイトに直接アクセスせずにこのサイトにアクセスしようとする理由を考える
  • 元の販売者が提供しているコンテンツを転載するだけでなく実質的な付加価値を提供するサイトにします。
  • アフィリエイト プログラムを選択する際、サイトの対象ユーザーに適した商品のカテゴリを選択する。サイトのコンテンツに合ったアフィリエイト プログラムを選択することで、サイトの付加価値が高まり、Google の検索結果でのランキングが高くなり、アフィリエイト プログラムから収益を得られる可能性が高くなります。たとえば、アルプスのハイキングに関するサイトには、事務用品ではなくハイキング関連書籍の販売業者との提携が適しています。
  • ウェブサイトでユーザーのコミュニティを形成する。熱心な読者の獲得に役立ち、サイトのテーマに関する情報が集まる場を作ることができます。たとえば、ディスカッション フォーラム、ユーザー レビュー、ブログなどでユーザーに独自のコンテンツと付加価値を提供できます。
  • 常に最新で関連性の高いコンテンツを提供する。テーマに一貫性のある最新の情報を提供すると、コンテンツを Googlebot がクロールし、ユーザーがクリックする可能性が高まります。

他と同じようなコンテンツで構成されている純粋なアフィリエイト サイトは、Google 検索結果で上位に表示される可能性は低く、検索エンジンから低く評価される可能性があります。関連性が高い独自のコンテンツを提供すれば、ユーザーに価値を提供し、サイトを他のアフィリエイト サイトと差別化することができるため、サイトが Google 検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。



ご覧いただけましたでしょうか。

つまり現在の常識化しているアフィリエイト手法そのものがペナルティの対象になる為

アフィリエイト関連サイトの評価が低いのです。



そこでコンテンツマーケティングに話を戻します。



コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングという言葉を耳にしたことはありますか?

コンテンツマーケティングとは

訪問ユーザーに対して興味・関心ある価値あるコンテンツを提供し

購買行動を起こさせる関係つくりを行う

マーケティング方法です。



つまり、顧客が求めている情報を先に理解し

その情報を的確に提供する必要があり

あなた自身購買につながる行動をしユーザーにも同じく

購買意欲が芽生える行動を誘導できるコンテンツの作成をしなければいけません。



現在はソーシャルメディアをつかってコミュニケーションがとれますので

コンテンツ自体にこのような「仕組み」を作るよりも簡単に

コンテンツ以外からのユーザーの教育もできるようになり

この利便性から逆にコンテンツの深さが失われていく傾向があります。

ソーシャル



コミック本や雑誌などを買う時の目的を考えてみて下さい。

コミックを買うときの目的は「漫画のストーリー」に惹かれ購入します。



雑誌を購入する際は今の流行等の情報収集を目的で購入します。



例えば男性向きコミックの裏表紙には男性向けの

トレーニング系商品の紹介が目に付きますし

女性向きコミックの裏表紙にはコスメ系の商品がさりげなく

掲載されています。



このような自然に購買行動を起こさせる関係つくりを

コンテンツマーケティングの手法を考え実践することが

大切になります。



もちろん「価値あるコンテンツ」でないかぎり上記の内容のような

購買行動を起こさせる関係なんて作れるわけがありません。



価値のない質の低いコンテンツでは不可能なのです。



ブランディング→購買プロセス→リピート確保

まで可能にしたコンテンツであれば

価値ある質の高いコンテンツのアフィリエイトサイトと言え

ペナルティを受けないということがはっきりと言えます。



?GOOGLEのペナルティを必要以上に恐れる必要はない

Googleによる手動ペナルティは確かに恐ろしい

しかし、自分が愛するコンテンツは必ず価値あるコンテンツに仕上がるはずです。



私利私欲の為だけの為に上位表示を目論み

ブラックな手法で被リンクを確保したり

「ワードサラダ」と呼ばれるような支離滅裂なロボットが書いた

中身のないコンテンツを作成しているのであれば

それはペナルティの恐怖は付きまとうでしょう。



しかし、価値あるコンテンツを提供しその対価として報酬を受け取る。

これはビジネスとして当然ですし

ユーザーが検索エンジンからランディングしてきた時

最新の情報かつ期待以上の高内容コンテンツで

ユーザーが満足してもらえるコンテンツであれば

ペナルティを恐れる必要は微塵もありません。



これこそがGoogleが求める良質なコンテンツといえるのではないでしょうか。

自身を持って価値あるコンテンツ作成に勤めて下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ