クローラーが巡回するスピードを短縮させるXMLサイトマップ

SEO対策で検索順位を上げる為には

クローラーに巡回してもらう必要があります。



 

XML サイトマップとは、サイト内部の目次のようなもので

・サイトを作成したばかりで被リンクの少ない場合

・多くの画像を使用したサイト

・動的コンテンツが含まれているサイト(ワードプレスの記事ページ)

・どこからもリンクが貼られていない記事

等をクローラーに巡回してもらう為に必要なものです。



作成方法は簡単なので必ず作成しておきましょう。

Google XML Sitemapsの導入

XMLサイトマップの作成は

Google XML Sitemapsというプラグインを導入したらOK!

とても簡単なので必ず作成しておきましょう。



インストール手順

ワードプレス管理画面から

「プラグイン」→「新規追加」へと進みましょう。

プラグイン新規追加



 

 

インストール手順2

プラグインインストール画面から

検索窓に

「Google XML Sitemaps」

と入力後

「プラグインの検索」を

クリックしてください。

プラグイン追加

 



インストール手順3

今すぐインストールをクリック

XML

 



 

インストール手順4

接続情報を入力します

接続情報

ホスト名 FTPユーザー名 FTPパスワード

上記3点を入力する必要があります。

接続設定内容はご自身のサーバー情報をご確認ください。

インストールが完了しましたら「有効化」をクリックで完了です。



 

Google ウェブマスター ツールに登録しよう

 

Google XML Sitemapsの導入が済みましたら次は

Googleウェブマスターツールに登録しましょう。

登録方法は

Googleアカウント登録からウェブマスターツール登録手順

で解説してますのでご参考ください。

サイトマップを追加しよう

ウェブマスターツールに登録ができましたら

先ほどGoogle XML Sitemapsで作成した

サイトマップを登録します。

ウェブマスターツール左側の「サイトマップ」部分をクリックしてください。

サイトマップ素材

 

サイトマップ追加素材すると管理画面左上部にサイトマップ追加とありますので

これをクリックしてください。



 

サイトマップ送信すると右画像のようにURL記入欄が

でてきますのでここに

sitemap.xml

と入力し

「サイトマップ送信」

をクリックすると

先ほど作成したサイトマップの登録完了です。

最後に

今回説明しました

Google XML Sitemapsの導入

ウェブマスターツールの登録

サイトマップの送信はインデックス促進はもちろんですが

サイト作成する際には必ず必要なアクセス解析やペナルティの把握等

様々な場面で役に立ちますので

ここは忘れずに設定してもらいたいです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ